TOP > ウィンドウフィルム関連サービス > 

おすすめ施工紹介

おすすめ施工紹介

おすすめウィンドウフィルム施工

フィルムといえば、リアドアガラスとリアガラスへのスモークタイプのフィルムをイメージされる方が一般的ですが、ガラス全面にフィルムを施工することが可能です。
フロントガラスとフロントドアガラスへの施工は、法律上の規制がありますので、全てのフィルムを貼る事が出来るわけではありませんが、フィルムによって色は付けずに暑さだけをカットすることも可能ですし、紫外線は全てのフィルムで99%カットされますのでフィルムの機能を理解することで、想像以上にお客様の悩みを解決することも可能かもしれません。

【サンルーフ】サンルーフの特徴である明るさを確保しつつ、太陽光による暑さを軽減することが出来ます。 サンルーフ 【フロントガラス】透明断熱フィルムを貼ることによって、ジリジリとした肌を刺すような暑さを軽減出来ます。また、まぶしさを軽減するグラデーションフィルムもあります。 フロントガラス 【リアドアガラス・リアガラス】ボディカラーとコーディネートし、目的によって40種のカラーの中からお選びいただくことが出来ます。 リアドアガラス・リアガラス 【フロントドアガラス】ドライバーにとって一番影響の受けやすいフロントドアガラスに透明断熱フィルムを貼る事によって日焼けやジリジリとした熱を軽減することが出来ます。 フロントドアガラス
フロントガラスへの施工紹介
透明断熱フィルム

夏冬問わず、どんなにエアコンによって車内の温度を快適に調整してもフロントガラスからの、ジリジリした熱をカットすることは不可能です。
透明断熱フィルムを貼ることによって、ドライバーの視界を妨げずに不快な熱をカットすることが出来ます。
当店では、フロントガラスの施工専用のフィルムを使用し、ガラスの透明感はそのままに、紫外線と熱のみをカットするフィルムを独自の施工ノウハウを駆使して貼り付けします。

料金参考例透明断熱フィルム料金参考例
フロントガラスフィルム施工イメージ 暑さ対策紫外線カット
グラデーションサンシールドフィルム

フロントガラスの上部にボカシの入ったフィルムを貼ることにより、太陽光によるフロントガラスからの、眩しさをカットすることが出来ます。
サンバイザーを使用しますと完全に視界が狭くなってしまい、不快な思いをされる方も多いのではないでしょうか。グラデーションフィルムは、機能だけではなく一見ガラスそのものにボカシが入っているものと区別が付かない位に、自然な仕上がりになり、ドレスアップ効果も抜群です。

グラデーションサンシールドフィルム施工についてはこちら料金参考例グラデーションサンシールドフィルム料金参考例
グラデーションサンシールドフィルムイメージ 暑さ対策紫外線カットまぶしさ対策
フロントドアガラスの施工紹介
透明断熱フィルム

ドライバーが運転する限り、フロントドアからの暑さや紫外線から逃げることは出来ません。最近では、UVカットガラスが使用されており、100%紫外線がカットされていると思われている方が多いのですが、決してそうではありません。
事実、右腕のみが日焼けをしている時が付いた方も多いのではないでしょうか。 UVカットガラスといっても、80数パーセントしかカットされていないのです。 フィルムは、99%までカットしますので、紫外線カットはもちろん効果的ですし、肌を刺すようなジリジリ感を軽減出来ます。

料金参考例透明断熱フィルム料金参考例
透明断熱フィルムイメージ 暑さ対策紫外線カット
リア・リアドアガラスの施工紹介
スモークフィルム

フィルムの施工で一番ポピュラーなフィルムといえば、このスモークタイプのフィルムです。
目隠し効果はもちろん、眩しさの軽減、暑さ対策、紫外線対策と全てに、トータルバランスの取れたフィルムと言えます。ボディカラーに合わせて好みの濃さをお選びいただくことが出来ます。

料金参考例スモークフィルム料金参考例
ベンツEスモークイメージ 暑さ対策紫外線カットプライバシー保護まぶしさ対策
スーパー断熱スモークフィルム

スモークタイプのフィルムに、これまでの常識を覆す強力な断熱効果をさらにプラスしたフィルムです。
これまで、断熱効果を上げるには、フィルムにアルミなどの金属を入れないとあまり断熱効果はありませんでしたが、その場合電波障害などの影響が出る場合がありました。
このフィルムは、金属を使わずに強力に赤外線をカットすることに成功したフィルムです。
費用対効果を見れば、その効果に納得していただける商品です。

料金参考例スーパー断熱スモークフィルム料金参考例
BMW断熱スモークムイメージ 暑さ対策紫外線カットプライバシー保護まぶしさ対策
パステルカラーフィルム

フィルムといえば、従来スモークタイプが定番でしたが、現在ではグリーン・ブルー・イエロー・ピンク・オレンジなどボディカラーなどに合わせて、好みでドレスアップが楽しめるようなカラーラインナップからお選びいただくことが出来ます。また、ファッショナブルなカラーでありながら、フィルムとしても基本性能は全て持ち合わせておりますので、より個性的な演出をしながらフィルムの効果も実感していただくことが出来ます。

料金参考例パステルカラーフィルム料金参考例
リアガラスグリーンフィルムイメージ 暑さ対策紫外線カットプライバシー保護
メタリック・スパッタフィルム

フィルムの素材であるポリエステルの表面に、アルミ膜を蒸着したり、スズなどの金属膜をスパッタしたりと特殊な色合いと断熱効果を上げる為に作られたフィルムです。
見る角度などによって、色味が変わって見えるなどの特徴を持っており、独特の風合いを持ったフィルムです。
言葉では表現しがたい高級感を演出してくれるフィルムで、輸入車のオーナーなどには人気があります。

料金参考例メタリック・スパッタ料金参考例
メタリック・スパッタフィルムイメージ 暑さ対策紫外線カットプライバシー保護まぶしさ対策
サンルーフの施工紹介
スモークフィルム

フィルムの施工で一番ポピュラーなフィルムといえば、このスモークタイプのフィルムです。
目隠し効果はもちろん、眩しさの軽減、暑さ対策、紫外線対策と全てに、トータルバランスの取れたフィルムと言えます。好みの濃さをお選びいただくことが出来ます。

料金参考例スモークフィルム料金参考例
サンルーフスモークフィルムイメージ 暑さ対策紫外線カットプライバシー保護まぶしさ対策
スーパー断熱スモークフィルム

スモークタイプのフィルムに、これまでの常識を覆す強力な断熱効果をさらにプラスしたフィルムです。
これまで、断熱効果を上げるには、フィルムにアルミなどの金属を入れないとあまり断熱効果はありませんでしたが、その場合電波障害などの影響が出る場合がありました。
このフィルムは、金属を使わずに強力に赤外線をカットすることに成功したフィルムです。
費用対効果を見れば、その効果に納得していただける商品です。

料金参考例スーパー断熱スモークフィルム料金参考例
サンルーフス−パ断熱ースモークフィルムイメージ 暑さ対策紫外線カットプライバシー保護まぶしさ対策
パステルカラーフィルム

フィルムといえば、従来スモークタイプが定番でしたが、現在ではグリーン・ブルー・イエロー・ピンク・オレンジなどボディカラーなどに合わせて、好みでドレスアップが楽しめるようなカラーラインナップからお選びいただくことが出来ます。また、ファッショナブルなカラーでありながら、フィルムとしても基本性能は全て持ち合わせておりますので、より個性的な演出をしながらフィルムの効果も実感していただくことが出来ます。

料金参考例パステルカラーフィルム料金参考例
サンルーフオレンジイメージ 暑さ対策紫外線カットプライバシー保護
メタリック・スパッタフィルム

フィルムの素材であるポリエステルの表面に、アルミ膜を蒸着したり、スズなどの金属膜をスパッタしたりと特殊な色合いと断熱効果を上げる為に作られたフィルムです。
見る角度などによって、色味が変わって見えるなどの特徴を持っており、独特の風合いを持ったフィルムです。
言葉では表現しがたい高級感を演出してくれるフィルムで、輸入車のオーナーなどには人気があります。

料金参考例断熱・メタリック・スパッタ料金参考例
サンルーフミラーイメージ 暑さ対策紫外線カットプライバシー保護まぶしさ対策
サンルーフフィルム施工についてはこちら
フロントガラス・フロントドアガラスフィルム施工と法律の規制について

平成15年4月より、道路運送車輌法の、不正改造の禁止及び整備命令 手続き等の強化、整備管理者制度の見直しがあり、カーフィルム施工に関する 部分が、一部強化されました。 カーフィルムは道路運送車両の保安基準によって下記の箇所に貼る場合は、その窓ガラスの可視光線透過率は70%以上が必要です。

1.前面ガラス
2.運転者席の側面ガラス
3.助手席側面ガラス

フロントガラス・フロントドアガラスフィルム施工と法律の規制についてイメージ

法令
着色フィルムを貼り付けた状態での可視光線透過率70%未満のものは不可(道路運送車両の保安基準第29条)着色フィルムは貼ることはできません。可視光線透過率が70%以上必要です。車検、点検の際に剥がされることになり、取締り、検問の際、罰則の対象となります。たとえ最も薄い着色フィルムでもそうです。ですから、街中で見かけるフルスモーク車は全くの違法・不正改造車という事になります。通常、透明ガラスのみの状態で可視光線透過率は約90〜85%です。従って、無色透明のフィルム(貼りつけた状態で透過率が70以上確保できる物)であれば問題は無いという事になります(一部の車種には不可)。

整備不良車の運転の禁止
車両等の使用者その他車両等の装置の整備について責任を有する者又は運転者は、その装置が道路運送車両の保安基準に適合しないため交通の危険を生じさせ、又は他人に迷惑を及ぼすおそれがある車両等を運転させ、又は運転してはなりません。(道路 交通法第62条)違反した場合は、3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金が課せられます。

反則金
普通車7千円 大型車9千円
違反点数 1点

お電話はこちら メールでお問い合わせ