TOP > ガラス関連サービス > 

雨しみ除去・傷とり研磨

雨しみ除去・傷とり研磨

ウロコ状のシミやワイパーによるキズを特殊研磨法により除去

新車時はキレイだったガラスも年数と共に、ガラス表面にウロコ状のシミが出来てしまったり、ワイパーによるスリキズが付いてしまうことがあります。
どちらも、雨の日の夜、フロントガラスがギラギラして非常に前が見えにくく、運転していて非常に疲れるのではないでしょうか?
どちらも、市販品のコンパウンドや油膜取りなどを購入して落とそうとしても簡単には、除去出来ません。
ウロコ状のシミなどは、ガラス全面にできているケースが多く、ガラスを交換するには莫大な費用が掛かりますし、ワイパーキズもプロに任せて研磨するしか、交換するしか方法が無いのが現状ですが、ガラスをしっかりと研磨した後は、新車時に戻ったようなガラス本来の輝きを取り戻すことが出来ます。

雨しみ除去・傷とり研磨イメージ

POINT ここが違うアペックスの雨しみ除去・傷とり研磨!

ガラスは、塗装などと比較しますと非常に硬く通常の研磨では、キズを取り除くことは出来ません。
また、ガラスは研磨の際に熱を掛けすぎると、ガラスが破損することがありますので、非常にデリケートな磨きが必要とされます。
ガラスのキズ取りなどは一般的に需要が少ない為に、ガラス専用の研磨機器を所有しているところが少なく、ガラスのキズは除去できないとされてしまっているケースが多いのですが、当店ではガラス磨き専用の機器を導入しており、ガラスに過剰な熱を加えることなく、また、ガラスの歪を出来る限り出さずに研磨することが出来ます。

雨しみ除去・傷とり研磨イメージ

ガラス研磨専用の機器である為、ポリッシャーの先端から水をボタンによって出すことが出来、常にガラスに熱が掛かって、歪発生させることなく、キズを除去することが出来ます。

雨しみ除去・傷とり研磨イメージ

上記のリアガラスのように、ウロコ状のシミがひどく、他店で断られてしまったような状態でも状態により、科学的に溶解して除去する方法と研磨して除去する方法を併用することにより隅々まで、出来る限り新品のガラスに近い透明感に戻すような、ノウハウを持っております。

作業工程・料金

基本的なサービスの流れ
ファーストコンタクト ・メール ・お電話 ・来店お打ち合わせ ・お車の状態 ・施工内容 ・施工日程 ・代車施工作業 車のお預かりは前日の夜か当日となります。納車 ・作業内容のご確認 ・メンテナンスの案内
プラス
1.フロントガラスの引っかきキズの除去

ワイパーのゴムが切れてしまい、ワイパーブレードの鉄の部分によってフロントガラスに付いてしまったキズを、研磨除去します。
画像では分かりにくいのですが、爪で完全に引っ掛かる位の深さのキズです。
まず、周りに出来るだけ飛び散らないように、飛散防止用の枠を固定した中で研磨します。

1.フロントガラスの引っかきキズの除去イメージ
2.ポリッシャーによるキズ取り

ガラス研磨用のポリッシャーと専用のフェルトバフにコンパウンドを付け研磨していきます。時々、ポリッシャーの先端に付いている霧吹きノズルから 水を出し、コンパウンドが乾かないように研磨していきます。 研磨の状態をこまめに確認しながら、出来る限り最小限の研磨でキズを除去し、歪みが出来ない状態で仕上げるようにしていきます。

2.ポリッシャーによるキズ取りイメージ
3.キズ除去完成

画像では、分かりにくいかもしれませんが、かなりキズは目立たなくなりました。
爪では、全く引っ掛からないような状態まで、キズは浅くなりました。
それでも、ガラスの歪みは全く出ておりません。

3.キズ除去完成イメージ
料金 フロントガラス(しみ取り)¥3,000〜、フロントガラス(キズ取り)¥15,000〜

サービス料金詳細はこちら >>

お客様のよくある悩み

雨しみ除去・傷とり研磨に関するお客様のよくある悩みを紹介、その解決方法をご提案いたします。

リアガラスにうろこ状のシミが出来ておりますが、どの位キレイになりますか?
ディーラーさんでは、交換するしかないと言われたのですが・・・
洗車の際などに水を拭き取らずに乾燥させてしまったり、 洗車に地下水などを使用されていますと、水の中にたくさん含まれているミネラル分が徐々に ガラス表面に固着していき、シミを形成していったのだと思います。

お客様のよくある悩みイメージ

確かに、かなりひどい状況ですね。
ですが、当店ではご覧いただいておりますように、科学的に溶解して除去する方法と研磨して除去する方法を併用することにより隅々まで、ほぼ分からない位に除去できます。
我々からすると90点ですが、ほとんどお客様からは、完璧ですとおっしゃっていただいております。
キレイになってしまうと簡単そうですが、ガラスに研磨キズを付けずに、ほぼ完璧に近い仕上がりをするには、長年の経験と根気が必要です。 状態を診断し、交換が良いのか研磨で十分なのかを見極め、いちばんメリットのある方法をご提案させていただきます。

お客様のよくある悩みイメージ
お電話はこちら メールでお問い合わせ