TOP > ガラス関連サービス > 

セキュリティエッチング(車体ナンバー刻印)

セキュリティエッチング(車体ナンバー刻印)

ウィンドウガラスに車体番号を刻印し、盗難防止。

近年、日本でも急激に増加している車両盗難、輸入外車や高級車をはじめ、小型車や軽自動車にまで被害が及んでいます。今日、最も普及している電気的セキュリティ装着車に於いても、巧妙な手口で、そのシステムを解除されている現状に、一石を投じる新しいセキュリティシステムが、“カーセキュリティエッチング”です。
カーセキュリティエッチングは、車両のウィンドウガラス、4面以上に車体番号を刻印することにより、盗難を防止するシンプルで、リーズナブルなシステムです。

盗難に遭った車両は、現金化する為に、登録ナンバーや車体番号を偽造されますが、カーセキュリティエッチングを施工されていると、ガラスの車体番号と一致しないため、そこから足が付いてしまいます。それを避けるためには、刻印されたガラスを全て交換しなければならず、金額・手間・そしてガラスの手配など、リスクが大きくなるので、ターゲットを変えてしまいます。

セキュリティエッチング(車体ナンバー刻印)イメージ

POINT ここが違うアペックスのセキュリティエッチング(車体ナンバー刻印)!

ガラスに車体番号を刻印する方法には、アルミ粉のブラストによる方法と液剤によりガラスを溶かす方法の大きく2つの方法がありますが、アペックスではあえて従来からある、ブラストによる刻印を行っております。
刻印の目的は、ファッション性という目的もあるかと思いますが、いちばんの目的は盗難防止ですので、刻印を消そうとしても明らかに分かってしまい、事実上消したり、改ざんしたりが出来ないようでなければなりません。
ブラストによる方法は、ガラスの強度に影響を与えない範囲で、ある程度の深さを削りますので、その後偽造したりは出来ないようになります。

セキュリティエッチング(車体ナンバー刻印)イメージ

いくら盗難防止の為とはいえ、エッチングの位置によっては美観を損ねてしまうことがあります。アペックスでは、お客様と一緒に施工位置確認をさせていただき、それぞれの車のガラスの形状や位置を考慮して、目立つ位置でありながら、かつガラスの形状などとのバランスを考えた位置への施工を行うようにしています。

セキュリティエッチング(車体ナンバー刻印)イメージ

専用のブラストガンと微粒子のアルミ粉により、キレイな文字が印字できます。
約、0.01ミリの深さにブラストすることにより、改ざん出来ないようにします。
また、アルミ粉が回りに飛散してボディなどにキズを付けないようにしっかりとボディ周りを養生して行います。

作業工程・料金

基本的なサービスの流れ
ファーストコンタクト ・メール ・お電話 ・来店お打ち合わせ ・お車の状態 ・施工内容 ・施工日程 ・代車施工作業 車のお預かりは前日の夜か当日となります。納車 ・作業内容のご確認 ・メンテナンスの案内
1..車体番号を金属の文字盤で組みます

車体番号を車検証で確認しながら、金属の文字盤を組み合わせて、文字プレートを作成します。
この時、輸入車などの車体番号が長い車は、既存の文字プレートのセットシールですと、文字がかなり長くなってしまいバランスが悪い為オリジナルに加工して使用しています。

1..車体番号を金属の文字盤で組むイメージ
2..刻印位置をバランスを考えながら決定し位置決めをします

文字数とガラスの形状や大きさなどを考慮し、高さや傾きなどを考え位置決めをします。
この時に決定した位置で、バランスが決まってしまいますので ブラストする瞬間同様、重要な工程ですので緊張します。
ガラスの形状がまっすぐなものばかりではありませんので、離れてみた時に文字が曲がって見えることがないように、何度も位置決めを行います。

2..刻印位置をバランスを考えながら決定し位置決めをするイメージ
3.ブラストガンにて、刻印を行います

最も緊張する一瞬です。窃盗犯に消されないようにブラストするわけですから、失敗して消して再度やり直すなどということは、出来ません。
ブラストする速度や動かす速さを調節しながら、斑のない仕上がりになるように行っていきます。

3.ブラストガンにて、刻印を行うイメージ
4.印字の確認をします

ブラストが終了したところで、印字が均一に行われているか、文字盤のシールをめくって、確認します。完全に剥がしてしまいますと、同じ位置に貼ることは不可能ですので、ゆっくりと剥がし刷毛でアルミ粉を払って確認します。
これが、キレイに印字されているのを確認できるとホッとします。

4.印字の確認をするイメージ
5.印字完成!

キレイな印字が出来ました。もう、消すことは出来ません。
ガラスを交換するには、全て交換しますと車種によりますが、30万以上掛かりますので、セキュリティエッチング施工車の盗難を避けるようになります。

5.印字完成!イメージ
料金は4箇所基本で、15,000円(税込15,750円) 追加1箇所に付き2,000円(税込2,100円)

サービス料金詳細はこちら >>

お客様のよくある悩み

セキュリティエッチング(車体ナンバー刻印)に関するお客様のよくある悩みを紹介、その解決方法をご提案いたします。

なぜ自動車窃盗団はエッチング施工車を避けるのか?

お客様のよくある悩みイメージ

車両窃盗団は車を盗んでも、盗んだ車を現金化する必要があります。エッチング施行車は、ガラスに車体番号を刻印してあるため、簡単に現金化できないようになっています。車体番号を偽造してもガラス面に刻印された番号と違うため、ガラスを交換する必要があります。ガラスの交換は30万から40万円以上の費用がかかり、そのリスクを恐れた窃盗団は、自動車ガラスエッチングを見て退散し、ターゲットを変えます。

お客様のよくある悩みイメージ
お電話はこちら メールでお問い合わせ