TOP > ボディコーティング関連サービス > 

樹脂モールコーティング

樹脂モールコーティング

艶が戻り水を弾き、汚れの付着防止にも役立ちます

新車のときには黒く輝いていた樹脂部品、でも年数とともに白っぽくなっていませんか。 未塗装樹脂外装部品にはよくある現象・・・これが白化現象。
長年の太陽による熱や紫外線によって、自然劣化することは避けられません。
前後のバンパ−・ドアノブ・サイドモール・トップカウル等々、使われているところは様々です。
このようなときには、「樹脂モールコーティング」がお勧めです。 従来からある油脂系のツヤだし剤では得られない自然な光沢力と長期に渡る持続性が特長です。
また、新品のキレイな状態のうちにコーティングをしておくと、いつまでも黒々とした 状態を維持しつつ、汚れを簡単に落とすことが出来ます。
輸入車などで、未塗装の樹脂パーツが多いお車には是非お勧めです。

樹脂モールコーティングイメージ

POINT ここが違うアペックスの樹脂モールコーティング!

モールコーティングはモール部品表面にガラス質のコーティング膜が形成されるため黒さの復活とコーティング長期持続性を実現させました。
これまではボディ用のガラスコーティング剤でも一応可能ではありましたが、専用の樹脂モールコーティング剤によって、黒さの復元力とコーティングの長期持続性が格段にアッ プしました。

樹脂モールコーティングイメージ

モールの凸凹部分に入り込んでいる汚れを、徹底的に除去します。除去するための専用ブラシは、アペックスオリジナルのもので、これなしではきれいにできません!

樹脂モールコーティングイメージ

市場にはたくさんの種類のモール専用コーティング剤が出ておりますが、あらゆるメーカーのものを取り寄せ、比較テストをし艶と耐久性を持ち合わせたコーティング剤を使用しています。

作業工程・料金

基本的なサービスの流れ
ファーストコンタクト ・メール ・お電話 ・来店お打ち合わせ ・お車の状態 ・施工内容 ・施工日程 ・代車施工作業 車のお預かりは前日の夜か当日となります。納車 ・作業内容のご確認 ・メンテナンスの案内
プラス
1

まずは、コーティングする樹脂パーツ部分をキレイにすることからスタート。
新品でも、表面に余分な油分や汚れが固着していることが多いですし、年数が経っているパーツの場合、ワックスや水あかなどで、かなり汚れている状態がほとんどです。
モール部分を、専用クリーナーと樹脂表面の凸凹に入り込んでいる汚れを掻きだすことのできる特殊ブラシで、徹底的にクリーニングします。
この工程が、仕上がった際の美しさに影響される大切な工程です。

1、イメージ
2

コーティングする樹脂パーツ以外の部分に、コーティング剤が付着しないように、マスキングテープを貼り保護します。このコーティング剤は、樹脂パーツ専用に作られていますので、塗装面などに付着し乾燥してしまうと、簡単に除去することは出来ません。
マスキングする際に、マスキングテープが塗装部分などに付着することのないように堺目の部分をしっかりマスキングします。
また、洗浄した場合などは、コーティングする部分に水分が垂れてくることのないように、養生します。

2、イメージ
3

コーティングする樹脂パーツ部分を、専用脱脂剤を専用クロスに染み込ませ、丁寧に拭きあげます。
脱脂とは、コーティングするパーツ表面の油分を除去し、コーティング剤の密着を良くする為に行う作業工程です。
油分と言っても、使用する脱脂剤によって除去出来る油分が異なりますので、2種類の脱脂剤を使用して行います。
こうした、ひとつひとつ目に見えない作業をきっちりと行うことで、持続性が異なってきます。

3、イメージ
4

樹脂モール専用ガラスコーティング剤を、専用クロスにて塗布します。塗り斑がないように注意しながら、皮膜の厚みを付ける為に、2度塗りを行います。
そのまま、雨や洗車などを避け24時間乾燥させます。
こうして、コーティングしておくことによって、黒いところは黒く維持することが出来、クルマ全体が締まって見えると同時に、水洗いの簡単なお手入れで、汚れが簡単に落とすことが出来ます。

4、イメージ
料金 (参考価格)新車MINI¥26,000(税込¥27,300)〜

サービス料金詳細はこちら >>

お客様のよくある悩み

樹脂モールコーティングに関するお客様のよくある悩みを紹介、その解決方法をご提案いたします。

白っぽくなってしまった樹脂モールを黒く元の状態に戻すことはできますか?
ディーラーさんでは、交換するしかないと言われたのですが、かなりの費用が掛かります。
仕方なく、カーショップでアーマオイルというゴムやタイヤなどに塗る、液体ワックスを買って、時々塗るのですが、雨が降るとすぐに白っぽくなってしまいますし、いちいち面倒なので長期間持つものはないですか。

樹脂モールコーティングイメージ

専用のモールコーティング剤で、劣化して白っぽくなってしまったモールを黒く戻すと同時に、汚れを付きにくくすることができます。
アーマオイルなどのシリコーンの場合、一時的に艶を出すことは出来ますが、雨などで流されてしまい、耐久性がありません。ですから、こまめに塗布する必要がありますので、なかなか艶のある状態を維持するのは難しいかもしれませんね。
樹脂パーツ専用のコーティング剤の場合、樹脂表面にガラス状の皮膜を形成しますので、非常に汚れが付きにくいと同時に、長期的な艶を維持することが出来ます。

樹脂モールコーティングイメージ
お電話はこちら メールでお問い合わせ