Apecs

車のボディコーティング・ガラスコーティングなら栃木県のアペックスへ!!

従来の方法では不可能だった短時間での完全乾燥を実現。「品質」を追求するアペックスは乾燥にも拘りたかった。

アペックスの拘りが生んだ業界屈指の輝き Heat master ヒートマスター コーティング完全乾燥ブース

  • 従来のコーティングに比べ、輝度が10%アップ

    通常の自然乾燥であれば1カ月程度かかっていたところを、『ヒートマスター』では約1時間での完全乾燥を実現。コーティングの効果を最大限に引き出します。

  • 表面硬度が上がることで、キズ防止にも高い効果

    通常のコーティングに比べ、鉛筆硬度で約1〜1.5H硬くなることが実証されています。そのため、従来のコーティングに比べキズのつくリスクが軽減されます。

  • 乾燥不足によって起きていた水ジミを防止

    これまで頭を悩ませていた施工直後の雨も安心。ブース内で完全乾燥されているため、乾燥不足による水ジミの心配がありません。

コーティング完全乾燥ブース「ヒートマスター」をより詳しく

アペックスが独自に考案設計し、特許を取得した『コーティング完全乾燥ブース』は、コーティングの完全乾燥の為に、完全密封できるブース内の天井と壁面に28基の赤外線ヒーターが埋め込まれており、レーザーの温度センサーによる表面温度のコントロールをしながら、塗装表面への直接的な加熱乾燥と、20,000cal/Hの高カロリーバーナーによる80℃の熱風による間接的な加熱乾燥をミックスさせ、1時間弱でボディ全体をムラなく完全乾燥させることが可能です。
(プレミアム及びスーパープレミアムコーティングのみ標準工程)

  • 28基の赤外線ヒーターによる加熱照射

  • 熱風とのWヒーティングをコンピューターで温度管理

  • 完全硬化したコーティング包まれたお車は、感動を覚える程の美しい艶感


                     ヒートマスター誕生の裏側 従来の方法では不可能だった、短時間での完全乾燥への挑戦
                     現在主流とされているガラス系コーティングは、完全硬化するまでに2週間〜1カ月が掛かり、その間の不完全な乾燥状態の際に、水ジミなどのダメージが付き易いと言われています。
従って本来であれば、乾燥までの間、室内で保管する必要がありますが、現実的に長期に渡って室内で保管するのは困難なため、一晩くらい常温で自然乾燥させて納車されているのが現状です。
当社ではこれまでにも、少しでもベストな状態で納車するため、赤外線の移動式ヒーターを用いるなどしてきましたが、その処理だけでも半日近くかかり、それでも車全体を完全に乾燥することは困難でした。

5年間の試行錯誤が生んだ理想の輝き
当社の考える理想のコーティングを実現するためにスタートしたのが、コーティング完全乾燥ブース『ヒートマスター』プロジェクトです。

すべての車に均一に赤外線を照射するためには、赤外線ヒーターの高さや位置はもちろん、どういった波長のものがいいかなど、一つひとつテストを積み重ねながら、僅かな違いにも目を光らせました。
施策段階では、どうしても仕上がりに納得できず、取り付けた赤外線ヒーターをすべて取り外して設置し直すなど、品質に徹底的にこだわりました。

構想から完成まで5年という時間を費やして『ヒートマスター』は完成しました。

これが私たちの求める理想のコーティングであると、自信をもってお勧めできる業界屈指の輝きを、是非ご自身の愛車で体感ください。

自然乾燥と比較した場合の特徴的な効果


                                  1 表面硬度が、鉛筆硬度で約1〜1.5H硬くなる(キズ防止効果)
                                  2 光沢や輝きが、輝度測定で10%アップする
                                  3 施工直後に雨に濡れても、乾燥不足による水ジミ発生を防止
                                  4 気流調整付き強制換気システムにより、ホコリやゴミの混入を防止でき、且つコーティングを均一に塗布することができる
                                  5 JIS照度基準3000lxオーバーのハイグロスマルチライティングシステムにより、キズやムラなどをくまなく確認可能

栃木県産業技術センターにて、ウェザーメーターによるコーティングテスト風景

赤外線ヒーター&熱風乾燥と自然乾燥の比較

栃木県産業技術センターにて、データ分析テスト

左記の表は、経過日数による撥水性能(水弾き)の違いをテストしたものですが、ブースにより完全乾燥したものは、ほぼ初期の状態で本来の性能が発揮されています。

「コーティング完全乾燥ブース」特許取得

理想の追求、そして具現化へ。
真のコーティングを皆様にお届けする、新たな一歩。

構想から5年、2014年4月に念願だったコーティング完全乾燥ブース「ヒートマスター」が完成。
遅れること2015年6月、ついに特許がおり実用化へ。

新設した「ヒートマスター」は、世界的にも類を見ないWヒーティング方式のコーティング完全乾燥ブースです。
コーティングの完全乾燥のために、アペックスが独自に考案し、特許を取得しました。

特許

特許番号

第5756586号

発明の名称

自動車コーティング施工方法並びにコーティング専用施工ブース